裸足は足にいい!! ケンの平凡日記

2012年07月10日

裸足は足にいい!!



7月9日のRelaxnewsによると、
『ランナーなら一度は裸足で走ってみたか、もしくはガラスの破片から足を保護する程度の裸足に近い感覚のシューズを履いてみたことがあるのではないだろうか。もし実際に試したことのない人も、そういう衝動に駆られたことはないだろうか?

 最新の2件の研究では、こうした傾向を是とする結果が示されている。軽く裸足に近い感覚のランニングシューズを履き、足の前部に圧力をかけることで、けがの発生率を軽減し、より効率的な走りが実現できるという。

 クッション性のある厚いヒール部と土踏まず部分のサポートを充実させた従来のランニングシューズの場合、ランナーは通常かかとから着地する。一方で裸足や裸足に近い感覚のシューズでは足の前部から着地することが多くなる。

 研究者らによると、足の前部で着地すると足や下肢への衝撃が弱まり、究極的にはけがの発生率が減り、走りは効率化されるという。』

ということですね。

靴を履くことで、足に負担がかかるようになってるのですね。


安全が確かめられたグラウンドで、はだしで走るのがよいのでしょうか?

どうすれば、一番良いのでしょう?







posted by ケン at 08:17| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。